VIX指数 オプション

VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-07-22]

7月限は波乱無く通過。反発局面っぽい動きは週初のみ。それでも反発幅としてはせいぜい1pt程度で、このあたりも含めて先週の時間価値の水準が肯定された形。そして、第1限月となった8月限は、ATM近傍での時間価値は2pt前後。ATMが25pt台...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-07-15]

7月限サイクルも終盤。今週には締め日を迎えます。第1限月である7月限のトップも、25pt台まで下がってきた、というべきでしょうかか、それともまだこのレベル、というべきでしょうか。ATM近傍での時間価値は1ptは切っているものの、残り日数の...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-07-08]

期間構造の順行は進むも、「それでも水準は高い」とした前週末から一週間。徐々にその水準も下がってきました。正常化への途上なのか、それともつかの間の順行なのかは、今のところ判断つきません。7月限のトップは26pt台であるのを、もう26と見るの...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-07-01]

先物がフラットながらスポットが緩み方向で終えた前週末から、一旦先物も含めて緩んだ後、反発と回復を見た一週間。結局、目に見えて順行が強化されただけのようですが、それでも水準は高いのですね。7月限に関しては27pt台。それなのにATM近傍での...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-06-24]

株の上下動に関わらず、期間構造はほぼフラットで推移の一週間。一応、議会証言というイベントはあったもののあまり材料視されず、休み明けに一旦緩んだところからあまり進展せず。それでも時間価値の剥がれだけは進んでおり7月限の頂上は2pt台半ばのと...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-06-17]

前週のCPIを受けて改めて盛り上がりを見せた週の前半。6月限も31.00で通過するなど、期間構造も崩しながらの展開でした。先週、「金曜の場中でも期間構造がめくれ上がるところまで至らなかったのは、ヒントになるかもしれません」としていたところ...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-06-10]

あまり方向性が見られなかった週の半ばまでの動きから、一転してCPIを見据えて、あるいは見てからの動きで活気づいた週の後半。それでも期間構造は崩れず、週明けには6月限の締め日が待っています。FOMCの結果を見る前に締まるので、どう持っていく...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-06-03]

株式市場が下がっても、あまりVIX指数には波及してこない日が続いた一週間。時間価値曲線も、6月限だけでなく山が下がってきました。FRBの要人発言が、株が下がればハト、上がればタカになることが、市場でも見透かされはじめているようですが、少な...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-05-27]

少しずつ落ち着いてきた株式市場に符合してか、VIX指数も20台半ばまで降りてきた週末。ATMの山も限月の順に並ぶようになってきました。いずれもまだまだ水準は高いものの、6月限はATMが27弱でそこでの時間価値が2pt台前半となりました。恒...
VIX指数 オプション

時間価値曲線[2022-05-20]

今週も株式市場は荒れ気味ではありましたが、VIX指数は30前後でバタバタと。前週の「30超えのあたりで行ったり来たり」という展開からは少し落ち着いたでしょうか。週の半ばには20台後半で落ち着くかと思われる局面も。実際、5月限は27.68で...
タイトルとURLをコピーしました