時間価値曲線[2021-03-26]

VIX指数 オプション

株式マーケットはバタバタが続いており、VIX指数も場中では上下動が激しいものの、引け値では落ち着く、という展開が珍しくなかった一週間。
引けベースで見ると、時間価値曲線もおとなしいように見えてしまうから不思議。
確かに、期間構造は崩れていないし、前週よりは頂点が下がっているし。
オプションプレーヤーにとっては時間価値の剥がれこそが収益の源泉。
あまり投機的なポジションで忙しくしないよう肝に銘じたい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました