時間価値曲線[2021-01-22]

VIX指数 オプション

1月限が抜け、2月限に移行し初めての週末。
第1限月にしてはVIX指数との値の乖離が大きく、新サイクル早々に縮める動きは出たものの、フラットラインは持ち上がらず、構造も順行のまま。
そしてATM近傍の時間価値はというと、すでに3弱まで減価しており、あまり警戒感が感じられない。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました